アラサーDINKSのNFL観戦記

アラサーDINKS夫婦が人生を謳歌するブログです。主に秋冬はNFL観戦、時間を見つけては海外旅行!楽しむために英語の勉強頑張っております!

【海外ドラマ解説】How I met your mother (ママと恋に落ちるまで)1-1-⑩

こんにちは!Kyuririです(^^)


シーズン1、エピソード1の解説の前回の続きです。

シーン1:What?

I think I like your “Olive Theory”.

(あなたの「オリーブの法則」好きだわ)

I think I like your French Horn.

(君のホルン好きだよ)

I think I like your nose.

(あなたの鼻好きだわ)

I think I’m in love with you.

(君に恋してる)

 What?

[リリー、マーシャル、バーニー]え?

What?

[息子と娘]え?

What?

[ロビン]え?

<ポイント>

  1. I’m in love with you = 君に恋してる

お互いに好きなものを言い合っていた時に、ふいにテッドが”I think I’m in love with you.”と言い、ロビンだけでなく、リリー、マーシャル、バーニー、さらには現在の子供たちまで”What?”と叫びます。"I’m in love with you"がどのような意味を持つか、非常にわかりやすいシーンですね。

"I’m in love with you"とは若干違いますが、私たち日本人は、映画でドラマで、”I love you”をよく目にしますし、耳にします。そのため、"I love you"は"Hellow"や"Thank you"のように非常に馴染み深いフレーズです。ただ、”love”は、”I’m in love with you”の時の皆のリアクションを見てもわかるように、軽々しく口にするほど気軽なものではありません。

基本的に"I love you"は相当深い仲にならない限り言いません。それまでは、"I like you"を使います。たとえ、一夜を共にしても、まだ"I love you"かどうかは分からないということもよくあるくらい、重い言葉なのです。逆に、もしあなたが、異性の友人から"I like you"と言われても、それは日本で言う「付き合ってください」のようなニュアンスはありません。”I like you”はかなり気軽に皆言うイメージです。ちなみに「愛してる」といった表現は他にもたくさんあります。

  • I'm totally into you.「あなたに夢中です」
  • You’re special to me.「あなたは私にとって特別な存在です」
  • I’m crazy about you.「あなたに首ったけです」
  • I’ve been thinking about you.「あなたのことをずっと考えています」
  • You mean so much to me.「あなたは私にとって大切な人です」
  • You are my Mr. Right.「あなたは私の理想の男性です」
  • I'm all yours.「私はあなたのもの」
  • All I need is you.「あなたが必要です」
  • I wanna be with you.「あなたと一緒にいたいです」
 

他にもたくさんありますので詳しくは下記リンクをご覧ください。

eikaiwa.dmm.com

 

なにやら嫌な予感がしますね。。。

また次回もお楽しみに~

 

ご覧いただきありがとうございました!